2010年4月28日号 Vol.28
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。一気に春がやってきたかと思うとヒーターが要るような日もあり、体調管理がたいへんな今日この頃です。先日娘の同級生のご家族と一緒にRegent Parkでお花見をしてきました。とはいっても子どもたちはほとんど遊具施設で遊んでばかり。その後桜の下では縄跳びに興じており日本式のお花見には程遠いものでしたが。
アイスランドの火山噴火の影響で空港が閉鎖され、いろいろと影響が出てきました。飛行機が飛ぶのは当たり前と思っていたらとんでもないことですね。「飛ば(べ)ないこともあるのだ」ということを心しておかなくてはいけません。そういえばここのところ天変地異が頻繁に起こっているような気がします。映画「2012」ではありませんが「地球が怒っている」のかもしれません。
 
 
携帯に便利ノートPC用ミニマウス

今月のおすすめ商品です。

携帯に便利なノートPC用ミニマウスのご紹介です。
色はブルーグリーンピンクとカラフルな3色です。

価格£9.00 (inc.VAT)

【仕様】
・Compact sized optical mouse
・Rubber top layer for comfortable grip
・Just plug-in and start(ソフトウェアをインストールする必要はありません。)
・Suitable for right and left handed users
・Ideal to use with your notebook

【OS動作環境】
・Windows 7, Vista and XP
・USB port 搭載機

(入荷の都合によりお渡しは5月中旬の予定になります。)
 
 
最近のウィルス感染事例
ここのところ立て続けに同じタイプのウィルスに感染されたパソコンのお持込みがありましたので症状をご紹介いたします。
   
パソコン使用中に突然「あなたのパソコンはウィルスに感染していますので、ウィルスを駆除しますか?」というメッセージが出現。その後パソコンの通常操作ができなくなってしまう。
 
画像は一例です。

このタイプのウィルスに感染した場合、感染したパソコン本体では当該ウィルスの駆除はできませんのですぐにお持込みください。

症例1
症状が出てきてすぐにお問い合わせがありお持込みいただいたのでダメージが軽微で済みました。翌日にはお返しできました。

症例2
メッセージ出現後ご自身で駆除を試みるも駆除不能のため断念。お持込みいただいた際にはすでにいくつかの機能が使用不能。作業終了には5日を要しました。

症例3
症状が出た際どうしてもパソコンを使用しなければいけない時期でもありご自身で駆除を試みるも失敗。その後メッセージを無視し続けパソコンでの作業を続行。お持込みいただいた際はほぼ全てのソフトは使用不能。パソコン内のデータをバックアップ、Windowsの再インストール、データのリストアの作業が必要となり計1週間以上かかりました。

この種類の感染はWebブラウザ経由での感染です。現在のWebブラウザはブラウザ上で様々な処理を行えるようにActivexやJavaスクリプト等のプログラムが実行できるようになっており、これらのプログラムが埋め込まれたWebページを閲覧した場合にウィルス感染をすることになります。このような感染はWebブラウザやそのプラグインの脆弱性を利用しており手口は日に日に巧妙化しています。以前は「怪しい」サイトを閲覧しなければ大丈夫でしたが昨今では正規のWebサイトが改竄されての感染が多いようです。

予防方法
このような感染を防ぐにはウィルスソフトのウィルス定義ファイルの更新はもとよりWindows OSのアップデート、Adobe ReaderやInternet Explorer以外のブラウザー(FirefoxやSafari等)、SkypeやiTunes等その他のソフトのアップデートも欠かさずに行ってください。バグのないソフトウェアはないということを肝に銘じ、それぞれのソフトウェアをアップデートすることにより当該ソフトの脆弱性への対応もなされることを覚えておいてください。

アイスランドの火山噴火の影響を受けた築地の週末?

今月のPS: Farringdonよりは私のワルシャワ旅行記を掲載しようとはりきっていましたが、残念ながら火山灰の影響で旅行自体が延期となってしまいましたので、私が今週末ロンドンに居ながら触れた異文化について語らせていただきたいと思います。

Kings placeで4月21日より4日間にわたり開催されていた「THE IRISH AMERICAN」という催し物の中の最終日に行われた 「Traditional music from Ireland, Cyprus & Macedonia」のチケットを友人から頂いたので鑑賞してきました。

フィドル(ヴァイオリン)、ハープコード、イリンパイプ、ギターの四人組みの演奏で トラディッショナルというわりにはいろいろモダンな事もやっていて、解り易い楽曲から私のような凡人には理解できない楽曲までずらっと並んでいました。 特に印象的だったのはフィドルのソロ演奏、パキスタン民謡の影響を受けた楽曲と自分で解説していましたが、どの辺が影響を受けているのか「?」が私の頭の上には浮かんでいました。もちろんイリンパイプメインのとても解り易く盛り上がる曲も演奏したので全体的にはとても楽しめる内容でした。

次回こそは飛行機が予定通り飛んでくれることを祈るばかりです。
ita-netの黒澤です。
移動の季節です。周りにもご帰国の人、新たに赴任された方、それぞれです。「会うは別れのはじまり」とはよく言ったもので不変の真理です。飛ばない飛行機にやきもきしている方もいればウキウキの方もいらっしゃるかもしれません。個人的には先日急用のため一時帰国をした際に乗ることができた飛行機に感謝感謝です。無くなってみてようやくわかるありがたいもの。身の回りはそんなものばっかりです。パソコンも正にその一つですね。大切にしたいものです。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですがこれからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
 
ita-netの築地です。
(モバイル担当)
携帯電話でインターネット、日本語での文字のやり取り、 日本では当たり前にできていたことが、英国でもできる便利な時代になりました。 携帯電話の技術的なご相談はもちろん、経済的なプランのご相談、お気軽にお尋ねください。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:00

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.