2010年7月27日号 Vol.31
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。日本ではとんでもない猛暑、酷暑の今年だそうですがこちらの夏はそうでもなくありがたいかぎりです。

さて、先週愛機ThinkPadのOSをWindows 7にいたしました。既になん度も触ってはいましたが自分が常用するのはこれが初めてです。一言で言って「大正解!」でした。我がThinkPad既に4歳ほどですのでパソコンとしては古い部類に入りますがそれでも以前XPで使っていたときよりもすこぶる快調に動作してくれております。フォントや全体的なデザインもきれいでずいぶんと進化しているな、というのが感想です。Windows 7へOSを変更されたお客様も皆一様にそうおっしゃられますので満足度は99%以上ではないでしょうか。
これで愛機にはもう少しがんばってもらい、大事に使い続けていきたいと思っております。
 
 
日本語仕様ノート型パソコン

今月のおすすめ商品です。

Toshiba Satellite Pro L450 + Windows 7 Ultimate Upgrade = 日本語版PC

昔のパソコンは(といいましても数年前のお話ですが)英語圏内で買えば当然言語は英語、 日本で買えば標準言語は日本語となっていました。

ところが最近グローバル化が進み多言語対応できるソフトが販売されるようになりました。その一つがWindows7のアップグレード版です。こちらのUltimateアップグレード版をインストールすると英語版が日本語版に変身するのです。

日本語版のオフィス(ワード・エクセル等)もインターネットから購入することができますのでキーボードを除いて日本語仕様とすることができます。やはりUKのPCでも日本語がいいなという方がいらっしゃいましたらこちらのPCがお勧めです。

インターネットの閲覧や文章の作成など基本的な使い方をされる方向けです。

仕様:
IntelR CeleronR Processor 900 2.20 GHz
2GB RAM / 250GB Hard Disk Drive
DVD Super Multi (Double Layer) drive
Integrated VGA Web Camera (スカイプに最適です)
15.6 Toshiba TruBrite HD TFT Brightness display
Wireless Lan
Dimensions (WxDxH): 38.3 x 26.7 x 3.4 (front) / 3.8 (rear) cm
Weight: 2.61 kg
   
ワード、エクセルなどのソフトは別売りとなります。

価格£545.00 (ex.VAT)

弊社からパソコンをご購入頂いた方には3カ月分の「パソコン救Q箱」サービス致します。
 
 
 
「最近よく「クラウド」という言葉を耳にしますがクラウドってなんですか?」(30代会社員より)
クラウドを英語では「Cloud Computing」と言います。ネットワーク図を描くときインターネットは「雲」で表すのが一般的だったのでインターネットに関係ありそう、だということはお解りいただけると思います。

一般的な定義としては「データやソフトウェアの所在を意識することなく、インターネットの向こう側に置き、必要に応じてデータを取り出して、ソフトウェアを使った分だけ料金を支払う」といったところですが、米国連邦政府の標準化担当機関である国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)はクラウド・コンピューティングの定義を行ない、以下の5点をその重要な特性として挙げています。

クラウド・コンピューティングが満たすべき5つの条件

1. オンデマンド・セルフサービス
ユーザー自身が管理者の手をわずらわせずに、必要に応じて瞬時にコンピューティング資源を利用できる。
2. 広範なネットワーク・アクセス
クラウドの機能をネットワーク経由でクライアント機器のタイプに依存せずに利用できる。
3. リソースのプーリング
コンピューティング資源が備蓄されており、利用者のニーズに合わせて割り当て・解放可能になっている。利用者はコンピューティング資源の物理的な場所については意識する必要がない。
4. 迅速な弾力的規模拡大・縮小
利用者の必要に応じて速やかに処理能力を拡大したり縮小できる。
5. 測定されたサービス
リソースの使用量が自動的に測定され、最適化される。

なにやらとても難しそうなことに聞こえますが、サービスを受ける側としては「いつでも・どこでも・必要なだけ」というくくりで覚えておかれればよいと思います。



それではクラウド・コンピューティングにはどんなサービスがあるのか、ということですが大きく分類すると以下の3つとなります。

「SaaS」 (Software as a Service)
「PaaS」 (Platform as a Service)
「HaaS、IaaS」 (Hardware as a Service, Infrastructure as a Service)

一般的なユーザーはそのうちの「SaaS」を利用することになります。みなさんも既にこちらのサービスはご利用されているかもしれません。代表的なものの一つはGoogleが提供しているGmailやGoogleドキュメントなどがそういったサービスとなります。つまりInternet ExplorerやFirefoxなどのブラウザーの中でメールをしたり、ワープロで文書作成したり表計算ソフトを使ってファイルを作成したり、ということです。それをGoogleのサーバーに保存しておく、といったことです。インターネットに繋がっているパソコンでしたらどこからでも同じサービスを利用し自分のメールやデータにアクセスすることができるわけです。



Googleのサービスは基本的には無料ですが、こういったサービスに加え企業ユースとしてはデータベースを利用したり会計ソフトなどの特別なソフトを利用したりすることができるわけで、企業用としては種々の有料サービスが一般的です。

ここまでの説明でお気づきになられたと思いますが、以前はメールをするにはメールソフト、文書作成するにはワード、表計算はエクセルというように必要な作業をするのに其々のソフトウェアを持っていなければいけませんでしたが、クラウドを利用することにより必要最小限の構成(WindowsなどのOS以外ではブラウザがあればよい)でそれらのサービスを受けることができるようになりました。つまり「所有」するものから「利用」するものになってきたわけです。



なんだかいいことずくめのようですが問題点もあります。

まず、インターネットに繋がっていなければなにもできなくなります。またデータは全てクラウド上にあるためセキュリティが心配、といったことです。

インターネットに繋がらないのは通常プロバイダーに問題があることになりますが以前に比べればそういった問題は少なくなってきています。

またデータのセキュリティに関していえば自分のお金を自宅の金庫に保管するか、銀行に預けるか、というように考えられたらいいと思います。ただしお金とデータの決定的な違いは50ポンド紙幣は私の50ポンドも他の人の50ポンド紙幣も同じ(価値の)ものですがデータはそういうわけにはいきません。私の大切なデータも他の人にとっては不要なデータかもしれません。(事実ほとんどはそういうことです。)人に見られたら絶対に困るデータはクラウド上に置かないという考えでいればいいかもしれません。ただしそういったデータを置いているパソコンが壊れたり、紛失や盗難に遭うことも考えておきたいものです。



クラウドのサービスは今後益々発展していくと思われます。個人レベルでは積極的にどのどん活用していくのがよいと思います。

樋口のとっておき散歩コース教えます。

Alexandra Palace
暑い日が続きますね。寒さより暑さが苦手な私は、今年になって扇風機を購入してみたのですが、日当たりがよい部屋ではあまり効果は感じられませんでした。かえって家の外のほうが涼しく感じることがあるくらいです。そこで最近はよく運動不足解消の散歩をかねて、家の近所にあるAlexandra Parkに出かけています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、Alexandra Parkはロンドン北部に位置し、Alexandra Palaceという建物を構えた公園です。Alexandra Palaceではさまざまなイベントが催されていますが、ある時はちょうど結婚式があったようで、招待客と思われる人々が楽しそうに談話していました。新郎新婦にお目にかかれなかったのが残念です。

この建物の中にはアイススケートリンクがあるのですが、現在改装中で入場できないようです。機会があればぜひ挑戦してみたいものです。

Alexandra Palaceから見下ろすロンドンの景色はなかなかお勧めです。 Alexandra Palaceの裏手には池があり、歩き疲れたときはその周辺のベンチに座って、のんびり景色を眺めています。また園内にあるカフェ、Little Dinosaursには室内滑り台など子どもが楽しめる設備があり、子ども連れの方でもゆっくりできそうです。

問題は、強い日差しの下で長時間過ごしていると日に当たった箇所に湿疹ができ、しばらく痒みに苦しむことになるので、出かける時は長袖のシャツがかかせないこと。日焼け止めクリームもこまめに塗り、しっかり日焼け対策をしながらAlexandra Parkで過ごす時間を楽しんでいます。

Alexandra Palace webサイト  http://www.alexandrapalace.com
ita-netの黒澤です。
先日知人がiPhoneを最新版のiPhone4に替えました。電波の受信問題(本体をある握り方すると受信感度が著しく低下する)はあるけれど、それを補って余りある「モノとしての魅力」がiPhoneにはあると思いました。ita-netのサービスもそうありたいと社員一同常々思っております。今後ともどうかよろしくお願いいたします。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの築地です。
(モバイル担当)
Vodafoneの場合、121へ連絡してピンを設定しておけば自宅に端末を忘れたなど、いざという時にお手元に端末がなくともリモートで留守番電話を聞く事が出来ます。このような細かい設定に関してもお気軽にお尋ねください。
   
 
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:00

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.