2011年2月22日号 Vol.38
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。
ずいぶんと陽が長くなってきましたが、待ち遠しい「春」はもう少し先のことになりますね。

最近、ひそかに娘と始めた川柳作り、娘の用意した専用ノートにお互い書き足しております。可笑しいのは、「ああこわい」だとか「またおこられる」、「ママこわい」など共通の難敵(?)を題材にしたものが意外に多いことです。子供の表現力もバカにはできません。

そういえばパソコン使いも随分と堂に入ったものでGoogle検索などは日本語も英語も縦横無尽に駆使していろいろと見つけてきます。まだ「Parental Control」などはかけておりませんが、この先どうなることやら。でもできればそんなことはしたくない、と思っております。そんなもの必要のない世の中がいつかはくることを信じたいものです。
 
 
   
お客様からよく聞かれる質問があります。
「日本に安く電話をかける方法はありますか?」

こちらのご質問に答えるべく、 ita-netでは国際電話サービス「auracall」のサポートを始めました。

面倒な手続きは必要ありません!
お申込み不要、お支払は(BT、Vodafone等)ご使用の回線プロバイダーより請求となります。
※「T-TALK」(携帯電話用サービス)の場合webサイトよりTop-upを購入する事も可能です。

携帯電話向け、固定電話向け、それぞれの国際電話サービスをご用意!
携帯電話向けサービス「T-Talk」
固定電話向けサービス「Classic」
があります。両サービスとも使い方は簡単、料金も格安となっております。

「T-Talk」
携帯電話から格安国際電話 
お申込み不要、ご契約の携帯電話の無料通話分を利用してお得に国際電話をかける事の出来るサービスです。使用方法はとても簡単!” ITANET ”と記入したテキストメッセージを81616(電話番号)へ送信。これで£5分のトップアップが完了。 2回目からは自動トップアップとなっていますので、クレジット切れの心配なく通話できます。

※自動トップアップが必要ない場合AUTOOFFと 81616へテキストしてください。
※Pay As You Goの端末をご利用の方はご利用のネットワークに£5.00以上のトップアップがある事をご確認ください。
オンラインでのトップアップも可能です。-£10のトップアップで£2.50分のクレジットをプレゼント! £20のトップアップで£5.50分のクレジットをプレゼント中です。下記Webサイトより購入できます。
https://www.auracall.com/ita/BuyNow-jp.aspx?webreference=ita
※トップアップの有効期間は90日間です。(£10,£20の場合も90日間となります。)
ご不明な点等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

国際電話のかけ方 
020 8497 3972 へ発信 > 音声ガイダンスが始まったら相手先の番号を国番(日本の場合0081)市外局番(最初の0を抜かして)、相手先番号の順に入力最後に「#」を押します。(例: 0081XXXXX-XXXX #) ※通常日本へは0081と9桁の番号になります。
※音声ガイダンスは最後まで聞く必要はありません。
※日本への番号を入力の際、誤って通話(緑)ボタンを押さないようお気を付けください。ハンドセットによっては、02084973972の番号がホールドされて、直接(ご利用のネットワークより)電話がかかってしまう場合がございます。
料金形態もとてもシンプルかつお得!
Auracallまでの料金は各携帯プランの無料通話分から引かれて、トップアップしたクレジットからは1回の通話で通話料(例: 日本固定 1.5p/分・日本携帯 8p/分) と コネクションフィー(例: 日本固定電話7p・日本携帯電話 15p)が引かれます。
携帯電話の
無料分数
T-Talk
020 8497 3972
トップアップより
1.5p/分+7p
例:日本固定電話の相手と5分間通話した場合、1.5p x 5分 + 7p = 14.5p
£5のトップアップで10分間の通話が約22回かけられる計算となります。
携帯電話の
無料分数
T-Talk
020 8497 3972
トップアップより
8p/分+15p
例:日本携帯電話の相手と3分間通話した場合、8p x 3分 + 15p = 39p
£5のトップアップで10分間の通話が約5回かけられる計算となります。

※PAY as You Go等プランにUK固定電話へ無料通話が含まれていない場合020までの料金が発生します。
ご加入の携帯電話のプランをご確認ください。

日本以外への国際電話もとてもお安くなっております。 料金はこちら(http://www.auracall.com/ita)で検索いただくか弊社へお気軽にお問い合わせください。

英国に来て間もなく、携帯電話をお持ちでない方、ita-netにお任せください。 弊社ではvodafoneの契約、日本語の読み書きに特化した携帯端末を取り扱っております。 ご遠慮なくお尋ねください。

「Classic」
BT固定電話よりかける格安の国際電話 
国、電話の種類によって電話番号が決まっており、そちらへ電話後、続けて相手先の電話番号を押すだけの簡単操作、通話料金も格安なサービスです。

電話のかけ方はとても簡単 
日本固定電話へ電話する際は 084 4831 3972 (2p/分)
日本携帯電話へ電話する際は 087 1305 3972 (9p/分)
へダイアルしていただき、アナウンスが聞こえたら相手先の番号を国番(日本の場合0081)市外局番(最初の0を抜かして)、相手先番号の順に入力最後に「#」を押します。 (例: 0081XXXXX-XXXX #) ※通常日本へは0081と9桁の番号になります。
※国、固定、携帯により接続先(かける番号)が変わってきます。その他の国へ電話する際にかける電話番号は下記のwebサイトでご確認いただくか弊社へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
http://www.auracall.com/ita


料金形態もとてもシンプルかつお得!
1回の通話で通話料(例: 日本固定 2p/分・日本携帯 9p/分) と 接続料11.5pがかかり、お支払いは月々の電話料金と一緒にBTへお支払いいただきます。
BT接続料金
11.5p
Classic (日本固定)
084 4831 3972
通話料金
2p/分
例:日本固定電話の相手と5分間通話した場合、2p x 5分 + 11.5p =21.5p がBTより請求されます。
20分の通話を10回行ってもかかるコストは£5.15
BT接続料金
11.5p
Classic (日本携帯)
087 1305 3972
通話料金
9p/分
例:日本携帯電話の相手と3分間通話した場合、9p x 3分 + 11.5p = 38.5p がBTより請求されます。
5分の通話を10回行ってもかかるコストは£5.65
※BT以外の固定電話、携帯電話からご利用する場合、ネットワークによって接続料が異なる場合がございます。ご利用のネットワークにご確認ください。
※通話料換算は1秒毎ですが、請求書には1分毎の料金で記載されており、VATが含まれております。

英国に来て間もなく、固定電話回線をお持ちでない方、auracallでは固定電話回線の取り扱いも行っております。お気軽に弊社へご相談ください。

簡単そうだけど、さらに詳しく知りたい!という方の為に説明書をご用意しております。
ご遠慮なくお申し付けください。

詳細、不明な点等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
020 7713 0832
info@ita-net.com
担当: 築地
   
「インターネットをする際に避けては通れない「パスワード」。先日あるサービスのIDとパスワードがわからずにサポートデスクに電話したところ当地お得意の「たらい回し」に遭いたいへんな思いをしました。お奨めのパスワード管理はありますか?」
インターネットを利用していく上で避けては通れない日に日に増していく「パスワード」、IDとのセットでの管理は不可避となっています。

専用のソフトウェアで管理するのが一般的ですが、その管理ソフトのパスワードを忘れたという笑えない話しもあるくらいです。

そこで黒パソが20年近く行っているID、パスワード管理法をお知らせいたします。用意するのはひとつのファイルのみ、検索機能の付いているテキストエディタ(秀丸等)かワードファイルがいいと思います。とにかくパスワードやID、そのほか覚えておかなければならないPIN、メールアドレスのパスワードなど全ての情報をそこに書き込みます。最初はとにかく以下のように書き込むだけ。

Visa:
ID: yakiniku
PassCode: 1129

NatWest:
Memorable Date: 1102
Password: kenkokukinenbi

Facebook:
ID: omoroi@address.co.uk
Password: korehaiizo4949sitene

Hotmail:
koremo_oishii@hotmail.com
PW: hoihoi194

Gmail:
itsumonikoniko@gmail.com
PW: GenkiIppai41egao

一通り書き終わったら適当な名前を付けて保存します。保存場所ですが必ず一ヶ所のみとされるのがよろしいと思います。できればインターネットを介したクラウド上が望ましいでしょう。
その後新しい情報を追加する際は最上部に。つまり新しく追加された情報が常に最上部にくるようにするだけです。そして、いざ必要となった際は「検索」をかけるのみです。

どうでしょうか。一口にIDとパスワードといっても重要度は違ってきます。銀行やカードの情報と定期購読サイトの情報の重要度が違うのは自明です。重要度の高いものは定期的にパスワードを変更するのがよいでしょう。また数字やアルファベットの記載を漢数字やひらがな、カタカナにするのもよいかもしれません。

基本は全ての情報を一つのファイルに、そしてそのファイルは一ヶ所のみに保管する、ということです。

お役に立てたら幸いです。

白浜、年を越したそば
最近、日本からの荷物に関税がかかるケースが増えていませんか。

過去9年間、一度も関税を支払うケースがなかったのですが昨年と今年、同様のことがありました。「日本からの荷物が届くのがいつもより遅いね。」と話していたその矢先1通のレターが届きました。よく読むと税金がかかるとのこと。それも明らかに取りすぎの金額でした。税金は再送代を入れて約200ポンド。中身はこどもの本やお菓子、服など。どう頑張っても中身は100ポンドをちょっと超える金額です。

そこでレターの中にあるemailにクレームしてみるとAuto Replyが帰ってきて次の番号に電話せよとの指示がありはたまた電話をかけてみるとアナウンスは流れるもののメッセージは終わり突然電話が切れました。
やはり電話やメールではらちが明かないと思いレターを書いてみると1か月たっても音沙汰がなく、以前いただいた番号にかけるも変更になっていました。 HMRCのホームページから別の番号を見つけ出し電話をしてみると最低返事に6週間かかるとのことでした。「さすがイギリス」と妻と話していた次の日に返金の小切手が届きました。(Parcel Forceの再送料引いた残りがすべて返金されました。)

そして昨年の12月、日本の両親が子どもたちのクリスマスプレゼントと大事な年越しそばをEMSで送ってくれました。2日後にはイギリスに届いていましたがやはりそこから20日ほど税関で足止めされました(今回の関税は40ポンドほどでした。) 届いたときは年も明け「年越したそば」になっていましたがやはりイギリスも景気の影響でしょうか。

周りの方も同様に関税をかけられているのを聞きますと世知辛い世の中になったと思った次第です。 こればっかりは気を付けられることもありませんが。 荷物より前にレターが届いたら要注意です。

ita-netの黒澤です。
先日メインのPCをデスクトップ機に乗り換えました。長年連れ添ったThinkPad号は予備役となりました。思えばここ10年以上メイン使いのPCはノートパソコンでしたが、昨今はクラウドのおかげでPCを持ち歩く必要が少なくなってきました。そういう意味では旧いようで新しいPCの使い方といえるのかもしれません。
ita-netの白浜です。
最近、「パソコン救Q箱」という サービスを始めました。リモートでパソコンに入るため煩わしいパソコン用語などを話さなくても画面を見ながら電話ができるため皆様にたいへん重宝されているようです。電話で「画面の右下の・・・」など話していた時期が懐かしく感じられます。これも時代の推移ですね。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの築地です。
(モバイル担当)
イギリスではバス、地下鉄、電車の中でモバイルを使用するのはルール違反ではありません。意見は分かれると思いますが、私個人的には便利で良い事だと思っております。
しかしクラシックコンサート会場での使用は明らかにルール違反です。観に行く際は開演前に再度鞄、ポケットの中をご確認ください。
   
 
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:00

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.