2012年1月24日号 Vol.49
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。

2012年が明けました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

世界を取り巻く環境は正に混沌としておりますが、時は確実に進んでおります。今年はオリンピックの年、しかも当地ロンドンでの開催です。残念ながら切符は入手できていませんが、いくつかの競技を観戦できたらと思っております。

先日初めて電子書籍なるものを購入いたしました。今まで雑誌は電子版をいくつか購読しましたが、「本」は初めてでした。感想から言うと電子書籍はいいです。タブレットはもちろん、携帯電話でも読むことができますので、満員電車の中や、待ち合わせ時間までの間等、それこそ寸暇を惜しんで「読む」ことができますので、読書速度も上がります。そうは言っても「本」で読みたい物もありますが、この先概ね電子書籍でいいかな、と思っております。キンドル日本語版の登場に期待したいところです。

ita-netでは目まぐるしく進化するIT周りのことを少しでも皆様のお役にたつものとするべく今後も精進してまいります。改めまして今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

 
 
 
ita-netからの新春初売りのご案内です。

「今年こそパソコンを使えるようになりたい」「もっとあんなこともできるようになりたい」

そんな願いを叶えるお手伝いします。
   
   
 Toshiba Satellite C660 パソコン初心者向けPC
   
  パソコン初心者向けPCの販売(残りわずか!)
日本で購入されるのと同じく、メニュー表示等全て日本語になります。
   
Toshiba Satellite C660

Processor Intel Pentium B950 / 2.1 GHz(Dual -Core)
Hard Drive 320GB
Optical Drive DVD +/- RW Super Multi Drive
Networking WiFi, Ethernet/Fast Ethernet
RAM 4GB
Dimensions (WxDxH) 38.1 cm x 25.4 cm x 3.6 cm
Weight 2.5 kg
OS Provided Windows 7 Ultimate JP 64bit
Microsoft Security Essential installed
  £499 + VAT = £598.80   (5台限定) 残り2台!


  日本語環境はメニュー表示等は英語で日本語の読み書きができるタイプで十分な方
Toshiba Satellite C660 更にお安くご提供!!
(メニュー表示等は英語で日本語の読み書きができるタイプです。)
Windows7 Home Premium 64bit JP Configuration
£399 + VAT= £478.80    (5台限定) 残り1台!


   
新春初売り特典!!
今回Toshiba Satellite C660をご購入のお客様には以下の特典が付きます。
  • パソコン救Q、半年間無料
  • パソコン教室、2時間分無料


   
  その他オプションとしまして下記のものを用意しております。
ソフトウェア
MS Office Home and Business 2010 (Word , Excel , Outlook , PowerPoint) £189+VAT
MS Office Home and Student 2010(Word , Excel, PowerPoint) £89+VAT
Norton Internet Security 2012  £35+VAT
   
パソコン救Q
困ったときに相談したい。誰かに聞きたいけど何て説明したらいいかわからない。インターネットにパソコンがつながっていれば大丈夫。リモートでお客様のパソコンに入りながら一緒に解決します。
£50/年(VAT込)
   
パソコン教室
自分のパソコンを持参してワイワイ・ガヤガヤ、同じレベルの方と楽しみながら学んでいただきます。
£30/h(VAT込)

在庫が無くなり次第、終了とさせていただきます。
一念(一年)発起をされたい方、info@ita-net.comまたは020 7713 0832 まで、どうぞご連絡お待ちしております。

「ita-netの皆さんの2012年、IT製品の展望をお聞かせください」
2012年の大予想? by 黒パソ

今年のトレンドはタブレットPCが益々普及すると思われます。
今までメールチェックやウェッブブラウジングを主なパソコン使用用途とされていたユーザーさんはどんどんタブレットに流れるのではと予想します。

タブレットは今年の早い時期にApple iPad3が出荷されると思われます。他のメーカーも順次新製品を投入してくるでしょうが、タブレットPCについてはしばらくiPadの一人勝ちが続くと思われます。

また、注目されるのがKindle Fireの存在です。iPadと比べるのがそもそも間違いなのであって別の用途に使う端末と考えれば需要をもっと引き出せるのではないでしょうか。そもそもe-bookをiPadで読むよりKindleのほうが断然手軽で便利な端末だと思います。

今夏に出荷されると思われるiPhone5はやはり台風の目でしょう。もちろん好調なAndroid携帯も伸びるでしょうが、BlackBerryの退潮は避けがたいと思われます。しかし個人的に注目しているのはWindowsと組んだNokiaの存在です。スマートフォン戦線で完全にこけたNokiaの奮起を期待したいものです。現在発売中のLumia 800の「出来」はなかなかのものだと思いますが、カギは「アプリ」でしょうか。魅力的なアプリが今後どれだけ出てくるかによる今後の売れ行きが大きく左右されると思われます。

iPhone5には「NFC」(近距離無線通信)機能が搭載されるはずですので、今年が日本以外の「おさいふケータイ」元年になるのではないでしょうか。

今年もモバイル業界はまだまだ目が離せません。

今年の予想2012 by 白パソ

昨年はタイの洪水の影響でPC自体も数十ポンド高くなりましたが今年に入ってからもその状態は続いているようです。また世界中の不景気の影響で本当に良いものとできるだけ安くインターネットやメールができるだけの廉価版との二極化がさらに進むのではないかと考えています。

そんな中、インテルの提唱する「ウルトラブック」と呼ばれる新しい商品が産声を上げています。薄くて軽くて速いそれでいてあまり高くない。
数年前、ネットブックという持ち運びが便利なPCがはやりましたが結局のところメインのPCにはなりきれずキーボードが打ちにくかったり画面が小さくてインターネットの閲覧には不向きであったりなどであまり見かけなくなりました。

そのネットブックに代わり皆さんを魅了しているのがタブレットです。
起動時間がパソコンに比べて早くちょっとした調べものや本を読んだり、ゲームをしたり またみんなで写真をみるなど見ている人を楽しくさせてくるものが多く登場するのではないかと思います。
今までパソコンでしてきたものをタブレットに移行するそんな人が増えるのはないでしょうか

そういった楽しみ方を若い方だけでなくより多くの年配の方が興味を持ち始めるそんな元年になるのではないかと予想しています。
AppleStoreを除くとやはり年配の方を多く見かけます。そして熱心にお店の方の声に耳を傾け操作方法をマスターしようと真剣に取り組んでいられます。
「孫にメールを送りたい。」そんな今までできなかったことをより身近にできるようになり皆様の興味がより多くのものを生み出す年になるのかなと楽しみにしています。

2012年予想 byトシパソ

2011年、市場を最も賑わせたのがスマートフォンではなかったでしょうか。画面が大きいタッチスクリーンでインターネットやメールが従来のものより使い勝手もよく容易に閲覧でき、今までのようにノートパソコンを持ち歩かなくても外出先から簡単にメールの確認や返信ができ、すでにもう手放せない方や今後スマホに買い替えを考えている方も多くいらっしゃると思います。携帯電話全体に占めるスマートフォンの割合を見ても,1年前は約19%だったのが,昨年末には27、8%まで増加しているそうです。これは全世界を対象とした数値のため先進国に限定すればもっと高い数値だとか。販売率に関しては約50%増ということでこの驚異な伸びは2012年もまだまだ続くことと思います。

そんな中、ビジネス携帯の代名詞ともいわれるBlackBerry。BlackBerryをお持ちの方々ならお分かりですが、非常に電池の持ちがよく、耐久性にも優れ、またハードキーが付いているのでタッチスクリーンで入力が不得意な人でも、早く正確に入力出来るところが魅力。またソフト面のBlackBerryOSを見ても市場で最もシェア率が高いアンドロイドより安定しており、ビジネスに使用する携帯電話では、弊社でも一押しの商品です。

しかしながら最近スマホ競争の勢いでちょっと元気のないBlackBerryですが、 先日話題になったSamsungはカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)の買収に関心はないと表明したとありました。2011年は iPad vs Galaxy Tab とApple社と一悶着あったSamsung。今年は巻き返しで、Samsungの自社開発OS Badaの今後の動向と可能性に期待がかかるのと、Blackberryを買収!?し、Samsung BlackBerry・・・のようなものが登場する日が来るかもしれない。

今年注目のモバイル by月パソ

今年注目の新製品はやはりApple iPhone 5, iPad 3になるでしょう。

iPhone 4Sの発売後、昨年のOSのシェア率でSony、HTC等複数のメーカーで採用されているandroidにApple のみで採用しているi OSが追いついてしまいましたのでこの勢いはとりあえず今年は止まらないと思われます。

ただビジネスにはEmailに特化しているBlackberry、オシャレで簡単に使いたい方には説明書いらずなiPhone (iPad)、 幅い広いプライスレンジで特に端末にあまりお金をかけたくない方にはandroid端末というような住み分けは去年よりさらにくっきりしてくるのではないでしょうか。

そんな中で特定メーカーの端末ではなく各社の端末に搭載されるのではではないかと私が予想、注目する“機能”が2つあります。

1つはNFC(Near Field Communication)、俗に言う”お財布機能”です。こちらは去年より英国でも搭載機がちらほら出てきました。某銀行のTVのCM(ジェットコースターに乗りながら買い物する)でおなじみですが、今年はクレジットカード会社も参入するようですので、英国でデビットカードでの買い物が普及したときくらいの速度で普及、対応端末もこれから増えていくのではないでしょうか。

もう一つは3D対応です。去年の夏以降にLG、HTCより手軽に3D画像が撮れ、ディスプレーも眼鏡必要無で3Dが楽しめるディスプレーが搭載された機種がリリースされています。動画サイト等でも3D対応チャンネルができていますので、わざわざテレビを買い替えて3Dの映画をみるのはちょっと・・・でもとりあえず携帯端末で手軽に3D動画、画像をという方は増えるのでは・・・?

白浜、新成人の方へ
先週、日本のニュースを見ていると成人式の様子が映し出されていました。
毎年の風物詩を感じさせるとともに毎回、粗相をする若者を見て「日本の未来大丈夫か。」と思っていたものでした。

しかし今年の成人式は少し違っていました。
震災の影響で晴れ着の準備がままならない新成人を助けるボランティアの方たちや 亡くなった友人の写真とともに参加する女性、そしてそれぞれのインタビューでは 「日本のために何かやりたい」、「人の役に立つことをしたい」「今までのような甘い考えではいけない」など何かを秘めるようなコメントが印象的でした。

昨年の大震災から我々日本人の意識が少し変わったような気がしています。
そして2012年は昨年のなでしこジャパンや多くの方に感動を与えられたように日本人を意識する瞬間が多くみられる年になるのかなと期待しています(もちろん自分にもです。)

ちなみに私は毎年のように抱負を述べますが必ずと言っていいほど何を述べたのか自体も忘れてしまう特技(悩みを抱えないという意味ですが)を持っています。ですので今年は絶えず振り返りながら前に進もうかと思います。



ita-netの黒澤です。
冬至から約一ヶ月、日もだいぶ伸びたようです。それにしてもこんなに寒くない冬は珍しいですね。異常気象でしょうか。昨年、一昨年と寒い冬が続いたので余計にそう思うのでしょうか。娘の学校ではどうやらインフルエンザが蔓延しているようです。彼女もこの週末に発症してしまいました。みなさん、外出後の手洗い、うがいを励行し元気にこの冬を乗り越えましょう。
ita-netの白浜です。
「パソコン救Q箱」という サービスがあります。リモートでパソコンに入るため煩わしいパソコン用語などを話さなくても画面を見ながら電話ができるため皆様にたいへん重宝されているようです。電話で「画面の右下の・・・」など話していた時期が懐かしく感じられます。これも時代の推移ですね。
ita-netの土谷です。
ご存知でしたか?弊社はVODAFONE端末システムの機能を持った正規代理店なんです。適正プランや最新ハンドセットをご一緒にお選びし、テクニカルな部分もすべて日本語でサポートさせていただいております。携帯電話でご相談がありましたらVODAFONE日本語窓口までお気軽にご連絡ください。
 ita-netの築地です。
(モバイル担当)
スマートフォンを日本ではスマホと略すらしいです。ふとイギリスへ来たばかりの時リモコン、エアコンが通じなかったのを思い出しました。スマホの事なら何なりとお問い合わせください。
   
 
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:00

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.